クリアフットヴェールを使う前に。そもsも

クリアフットヴェールで水虫が治らない口コミをしている人の中にはもしかしたら、もともと水虫ではないケースがあるように思います。

水虫だと思っているけれど、実は水虫ではなかったという事ですね。

一般的な話ですが、水虫と間違えやすい病気の一つに接触皮膚炎と呼ばれるものがあります。

これは、何らかの物質が皮膚につき、その物質に対して、皮膚が強い反応を起こすものですが、普通の言葉で言えばかぶれと言われるものです。

代表的なものとしては、うるしの気に触れて起こるかぶれ、注射の後に貼った絆創膏で起こるかぶれ、ネックレスなどの貴金属に触れた部分に起こるかぶれです。

また、ゴム長を履いて仕事をしている人や寒くもないのにブーツを履いている人は、足の指の間が湿った状態になりやすく、そのままにしておくと、足の水虫と同じ症状になってしまう事があります。

なぜかという、皮膚の粘膜にいる常在菌(普通の状態でもいる菌)や腸内細菌が足の指の間に増えてしまうからです。そのため、白くふやけたり、ただれたり、ひどくなると悪臭を放つなどの症状が起こってしまいます。

これらの菌は、普段、特に病気の原因になる菌ではありませんが皮膚の状態によって活動を活発化させ、悪さをするのです。

高齢の方に多く見られる足の裏の皮膚が硬くなる角質化は、生理現象ですが、角質増殖型の足の水虫と症状が良く似ています。このため、実際の足の水虫なのに、「年だから皮膚も硬くなるよ」といってそのままにしてしまい、水虫を悪化させてしまう事があります。

クリアフットヴェールは水虫菌である白癬菌を殺菌するための成分がしっかりと含まれているので、クリアフットヴェールを毎日お風呂から上がってきたあとに付けておけば、次第に症状は改善していきますが、仮にクリアフットヴェールを付けているにもかかわらず、なかなか水虫の症状が改善しない、という事であれば、それはもしかしたら水虫ではないかも知れません。

皮膚科に行き、水虫菌である白癬菌が存在するかどうかを確認しておくべきだと言えますね。

ここまで読んだ方なら気づいていると思いますが、実際は水虫かも?と思ったら皮膚科に行って、白癬菌の存在を先に確認しておくのがベストです。そして、白癬菌の存在を確認してからクリアフットヴェールを使っていけば、そのうち症状が改善していくことに自信を持てますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です