カサカサ水虫。クリアフットヴェールはありだと思います。

たまにかかとがカサカサというよりは鏡餅がひび割れたような感じになっている人を見かけます。父がそうでした。

カサカサだから毎日足のケアをして保湿クリームを塗っていましたが驚くほどガサガサでした。

ちょうどその時別の疾患で皮膚科に通っていたのですが、掲示物の中に水虫のことが書かれたものが張り出されていました。

写真を見てみると父のかかとのようなガサガサかかとが載っていました。帰ってから父にそれ水虫じゃない?と、皮膚科で見たことを教えてあげましたが聞く耳を持ちません。

ですが後日別の疾患で父が皮膚科に行った時についでに先生に聞いたところ足裏の水虫だたいうことがわかったそうです。

塗り薬を処方してもらい、毎日きちんと塗った甲斐あって随分綺麗になってきたようです。あのまま自己流で保湿ケアしていてもおそらくガサガサのままだったでしょう。

きちんと病院で見てもらったおかげで綺麗に治ってきています。少しでもおかしいと思ったら病院に行くことをお勧めします。

それと、ネットではクリアフットヴェールが水虫対策としては口コミでも評価が高いようですが、スペック的にはもしかしたら一般的な水虫の薬よりも高いものがありそうですね。

浸透力が高くて、殺菌力が高いみたいなので、もし普通の水虫の薬であんまり効果がなかったらクリアフットヴェールは使う価値があるのではないかと思いますね。

水虫になったので、クリアフットヴェールをぬってます。

先日、とうとう水虫になってしまいました。今クリアフットヴェールを毎日塗り込んでいます。

かかってしまったときは愕然としましたし、指の間がかゆくてたまりません。
どうしてこうなってしまったのかインターネットで調べてみましたら、プールや銭湯などのバスマットやスリッパから移ることがあるとわかったのです。

 

言われてみれば付き合いで行く機会が多くなった施設ばかりです。

 

対策としては、しっかり足を洗って乾燥させることがあげられていました。水虫菌は高温多湿の環境で繁殖するようなので、足に湿気がたまらないよう心掛けたく思います。

 

水虫菌を退治するのはかなり根気がいるようで、かゆみが収まった後も1ヶ月~2ヶ月は薬を塗り続けなければ再発してしまうと知りました。

 

かゆみが収まったら忘れてしまいそうなので、気を付けて治療します。

それともう一つ気をつけないけないのは、冬場はあんまり症状がなくても、水虫対策はちゃんとしないといけないっていう事ですね。

 

水虫菌である白癬菌は冬の間は冬眠みたいな感じで活動をしていませんが、また暖かくなってくると活動をし始めるみたいですから。

 

クリアフットヴェールを塗るのも、冬の時こそ念入りにしなければいけない、っていう事ですね。そしたら、春が来て、夏になる頃には、綺麗な足になれますからね。

 

クリアフットヴェールの口コミを見てみると、冬の間は塗っていなかったていう人は残念な事にまた再発しています。やっぱり。